Webリスク対策について|ホームページ制作で得られるメリットをチェック

Webリスク対策について

パソコン

Webリスクとは

Webリスクとは、インターネット上にある企業の誹謗中傷やウソの情報による影響で企業が風評被害を受けることをいいます。例えば、検索エンジンで企業の名前を調べたときに、悪質なサイトがトップに出てきて、企業のありもしない噂を流していたり、悪口をかいていたりすると、企業は風評被害を受けます。今の時代は、スマートフォンやPCの普及にともない、インターネットの利用率が非常に高くなっています。気になる企業について調べるときも、大多数の人がインターネットを通して情報を集めています。しかし、インターネットに溢れている企業情報は、企業に属していない一般人からすると、その情報がデマなのか本当なのかを判断できません。悪質なサイトが企業のデマ情報を書いていると、知らぬうちに企業のイメージが下がってしまうリスクがあるのです。

Webリスクで起こる被害

Webリスクで起こる被害には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。大きな被害の1つが企業のブランドイメージの低下です。クオリティが高い料理を提供しているレストランも、悪質サイトの料理に対する誹謗1つで、潜在的顧客を遠ざけてしまいます。ブランドイメージが低下すると、顧客が離れていくだけではなく、株価の低下、売上の減少、取引先との関係の悪化なども同時に起こってしまいます。Webリスクは、ブランドイメージの低下だけではなく従業員の離職にもつながります。Webリスクの風評被害によって企業のイメージが悪くなってしまうと、従業員にも不安が出てきてしまい、離職者が出てくる恐れがあります。また、新しい社員の採用も難しくなり、内定を出しても辞退してしまう確率が高くなります。インターネットによる風評被害のリスクは意外にも高く、1つの誹謗中傷が企業の成長を止めることが多々あるのです。

専門の業者に対策を依頼する

Webリスクによる風評被害は、専門の業者に対策を依頼することができます。近年は、Webリスクによる企業のイメージダウンが多くなり、風評被害対策専門の業者が多く出てきています。Webリスク対策業者のメインとなる仕事はネガティブキーワードの抑制です。検索エンジンで、会社の名前を打ち込んだときに出てくるネガティブなキーワードを抑えることができます。例えば、「○○株式会社」と検索エンジンで打ち込んだときに、Webリスク対策をしていない会社だと、「○○会社 ブラック」、「○○会社 怪しい」といったネガティブキーワードが候補に出てくる可能性があります。しかし、Webリスク対策をすることで、これらのネガティブキーワードが候補に出てくることを減らし、代わりに「○○株式会社 事業内容」、「○○株式会社 採用」といった有益なキーワードを候補に出すことができます。他にもインターネットに関わる様々な風評被害対策を依頼することができます。

普及が広がるWebリスク対策

Webリスク対策業者に風評被害対策を依頼している企業は年々増えてきています。専門業者へ依頼した経営者の口コミもチェックしてみましょう。

Webリスク対策業者を利用した経営者の声

会社の売上につながりました

レストランを経営していますが、インターネットで自分のレストラン名を検索すると、ありもしない誹謗中傷が出てきていて困っていました。Webリスク対策業者に依頼すると一年でこれらの悪質サイトが検索結果上位に出てこなくなりました。売上もアップしたので感謝しています。

アドバイスももらえて助かりました

Webリスク対策業者で、検索候補に出てくるネガティブキーワードの対策を行ってもらいました。依頼した内容はもちろんですが、Webリスクを減らすための従業員への指導方法やWebリスクで二次被害を発生させない企業の対応方法なども教えてもらい、非常に助かりました。

SNS監視は非常に便利

Webリスク対策の1つとして、定期的にSNSで自分の会社に対する誹謗中傷のチェックを依頼しています。SNSでの誹謗中傷はすぐに拡散されて大きな影響を受けるので、SNS監視のサービスは非常に便利で、安心して会社を経営することができています。

広告募集中